身に付けたい英語8:[May I have a word?],[come to light]

このカテゴリー「身に付けたい英単語/フレーズ」では、英国でMBAを修了した筆者が、日々「これはまだ自分に身についていないな…」と思った英単語や熟語、フレーズ、表現などを忘備録的に書き留めていく。

自分にとって新出のもの、というよりは

読んだり、人が言っているのを聴いて意味はわかるが、自分の中に落とし込めていないもの

を積極的に書いていきたいと思う。つまり、まだ自分の口から自然に出てきてないものである。

MBAホルダーとして続ける英語学習:上級こそ杉田敏先生のビジネス英語は最強
荷物を整理していたら「NHKラジオ やさしいビジネス英語」の97年12月号〜98年3月号テキストが出てきた。当時は「こんな表現までキリがない」と感じていたが、一応上級者と名乗れるようになった今、ネイティブと本当に対等に話せるようになるためには必要だと思えるものばかり。今やっている勉強法を紹介したい。

今回はNetFlixで色々見ていた中で、日常的に使われる「言い方」と、昔ふと使って「good language!」と褒められた表現をご紹介したい。

スポンサーリンク

May I have a word? :お話があるのですが

これは本当にドラマや映画などを見ていると出てくる言い方。

May I have a word (with you)?
Can I have a word (with you)?
Might I have a word (with you)?

主にこの3通りだが、おそらく関係性とか場面とかで何となくの使い分けがあるように思う。May Iは、例えば執事が主人の伯爵に言ったりとか(ダウントンアビーである…)、そうはいっても上司が部下に言っていることもあり、全般、改まった感じで言っているところがある。

報告したいことがある
伝えなくてはならないことがある
話しにくい雰囲気だが話さなきゃならない時
相手が忙しそうな時に手を止めてもらっても話を聞いてもらいたい時
他の人がいないところで話したい時
などに多用されているように思う。
Can Iだと、対等か目下、Might Iだと別に対等や目下に使ってもいいが目上に改まった時に使う、という感じである。
ちなみに英国式なのかもしれないが、執事が伯爵に何か進言するような時には、
May I have a word (↘️),my lord
と、疑問文系ではあるがイントネーションは上がらず、下げて言っていることが多いように思う。
日本語で言うなら、これで「お話があります」というところか。

自分は以前、この言い方をし損ねることが多かった。

つい、

Do you have a second to talk? とか、Can we talk for a second in private?とか言っていた。

別にいいのだが、Can I have a word?とかMay I have a wordとか言えば良かった、と後から少し思うことがあった(笑)

 

come to light : 明るみになる

これは忘れもしないのだが、MBAが始まる前に4週間ほどpre-sessional English courseというのがあって、大学は夏休みなのだが9月から入学する英語を母語としない留学生に向けたコースに参加した。英語を母語としなくても学部の学位だったり、マスターでも他の専攻なりを英語圏で取得しているのならいいのだが、そうじゃないといくらIELTSで条件を満たしていても論文の書き方やプレゼンの仕方などがわからなくて困るので参加する人が多い。

そこで、この”come to light”という表現を使ったら、クールな先生が

“came to light!! good language!”

と褒められ、嬉しかったのを覚えている。

もう何を言ったのかも忘れたのだが、おそらくライブドアの粉飾事件か何かについて言っていたと思う。

こちらでは、

Definition of come to light
:to become known

とあり、例文としては、

Other details have come to light because of this investigation. (他の詳細については、この調査によって明らかにされている)
She was angry when it came to light that some people were being promoted unfairly.(何人かの人が不正に昇進していたことが暴露された時、彼女は怒った)
【英会話のブレイクスルー】知っている語彙や表現が口から出てくるようになるには、やはり「ドラマ」が効く
これは英語に限らず、日本語もそうなのだが、既に知っている単語や表現、見たり聴いたりすれば理解できるのだが、自分の発信としてはなかなか出てこないものの方が多いと思う。これははっきり自分の中に定着していないのが原因である。それをしっかり「使える」ようにするには、やはりドラマは有効。
NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

杉田敏
1,210円(01/19 05:49時点)
発売日: 2014/08/28
Amazonの情報を掲載しています

コメント