ukmba-holder

スポンサーリンク
英語と日本人

大谷翔平の英語力を皮肉る米国人(英語圏全般)の無理解と傲慢

大谷翔平選手が会見などで通訳を使うことに批判的なアメリカ人がいたようである。こういうことを聞くと、本当にアメリカ人など「英語圏人」の想像力の無さ、傲慢さに呆れてしまう。しかし実は日本人もそういうところがあると日々感じることがある。外国人として欧州に暮らした経験から感じたこと。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語32:動詞としての[picture]

今回取り上げたいのは懐かしのビバリーヒルズ高校/青春白書でやたら耳にする"picture"という単語。写真とか絵とかいう意味では小学生でも知ってる単語だが、実は動詞としても使われ、「想像する」というような意味がある。これはCambridge English DictionaryではC1(上級)と位置付けられている。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語31:[come about],[bring about]

今回は、映画やドラマを見ていて「あ、こういう易しいんだけどphrasal verbs(熟語)って自分から出てこないし、人から言われても一瞬引っかかるんだよな」と思ったものから意味自体はほぼほぼ同じで(他動詞と自動詞なので用法が異なる)かつ、 about つながりで" bring about"と"come about"について取り上げようと思う。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語30:[I don’t want to impose]

今回の表現はimposeという超基本単語で、しかも"I don't want to impose"という易しい文章でありながら「そんな意味で使うことがあるのか」と今まで知らなかったものである。しかしおそらくネイティブにとっては日常的な表現で、これまで知らないで過ごしてきたのが恥ずかしいくらいである。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語29:[hear through the grapevine],[rest on one’s laurels]

今回の表現は昔のNHK「やさしいビジネス英語」から。"hear through the grapevine"は聞くとわかりやすい表現だが、自分は使ったことがない表現。しかし日常会話でかなり使い所が多いのでしっかり覚えたい。"rest on one's laurels"は自分が使いこなせないどころか、正直聞いても聞き返してしまいそうな表現である。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語28:[I doubt it],[I insist]

今回の表現は非常に簡単で、英国にいた頃や、英語を毎日使っていた時は自然に口から出ていたのだが、最近言いそびれてしまった"I doubt it"と "I insist"という言い方。これは日常表現として最頻出グループにあると言ってもいいと思う。
英語と日本人

子供の英語教育は完璧でなくてもいい–むしろ音楽の習い事が有効では

このブログの中でアクセス数が上位の記事を調べてみたら、結構前に書いた幼児英語教育について語っている記事が今でもこのブログの中ではアクセスされていることがわかった。それで親戚や身近な子供の語学などの関わりや、自分自身の経験から言って「音楽系の習い事が実は一番固いかもしれない」と思うに至った件。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語27:[put up with],[up to par]

本日の「身に付けたい英語」表現は、杉田敏先生によるNHKラジオビジネス英語の1998年1月号からである。[put up with]は大学受験のイディオム集などでも最頻出グループに入ってるもので、よく知ってはいたのだが、改めて英語での定義を見るとよく深くイメージできる。[up to par]は口語として使いこなせていないのでしっかり身につけたい。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語26:[quite a few],[a bunch of]

今回の表現は昔のNHK「やさしいビジネス英語」で、特にvocaburalyで取り上げられてるわけではないのだが、音読していて「ああ、この言い方最近してないな」と思った"quite a few"と、そこから似た意味になる"a bunch of"を紹介する。
身に付けたい英語表現

身に付けたい英語25:[I’m in /count me in], [You’re on]

今回はカジュアルな表現だが、ドラマなどを見ていてもよく出てくる、そしてシンプルな表現である。"I'm in"、そして同じ意味となる"count me in"。それから"you're on"は日本語訳だと同じような感じだが、微妙に使用する状況が違うので一緒に覚えておきたい。
スポンサーリンク