身に付けたい英語7:[give extra spin],[take one step further]

このカテゴリー「身に付けたい英単語/フレーズ」では、英国でMBAを修了した筆者が、日々「これはまだ自分に身についていないな…」と思った英単語や熟語、フレーズ、表現などを忘備録的に書き留めていく。

自分にとって新出のもの、というよりは

読んだり、人が言っているのを聴いて意味はわかるが、自分の中に落とし込めていないもの

を積極的に書いていきたいと思う。つまり、まだ自分の口から自然に出てきてないものである。

MBAホルダーとして続ける英語学習:上級こそ杉田敏先生のビジネス英語は最強
荷物を整理していたら「NHKラジオ やさしいビジネス英語」の97年12月号〜98年3月号テキストが出てきた。当時は「こんな表現までキリがない」と感じていたが、一応上級者と名乗れるようになった今、ネイティブと本当に対等に話せるようになるためには必要だと思えるものばかり。今やっている勉強法を紹介したい。

今回は現在復習中の昔のNHKラジオ、ビジネス英会話1998年1月号から。

スポンサーリンク

give extra spin : さらに展開させる、特別によりをかける

直訳すると「追加の回転を加える」というような感じなので、まあイメージとしてわかる。

テキストの流れとしては、ペットフードの会社への提案を考えている中で、食習性の研究を取り入れていくのはどうか、とかを話し合ってるところ。

We could give it some extra spin with a special focus on the best care of endangered species.
(絶滅品種に最適なケアに焦点を当てれば、さらに展開させていくことができますね。)

ここでwe could develop it…とかwe could expand it…とか言うと思うが、ここでgive it come extra spin…などと言うと、一気にこなれてくる感じだ。

とりあえず辞書としては、idiomとしてのっているわけでもないのだが、

こちらの例がいい感じ。

• Lively in flavor but quick to prepare, this chicken dish gives a new spin to the traditional grilled fare.
(味に深みがあるのに簡単にできる、このチキン料理は伝統的なグリル料理に新たな展開をもたらす。)

 

 

take one step further : さらに一歩前進させる

NHKラジオ、ビジネス英会話98年1月号で、同じビニュエットの中に出てくる表現なのだが、ちょうど一緒に覚えるのに良い。

上の会話からの流れで、クライアントのペットフード会社は絶滅危惧種を保護区に移す活動を既にしているので、

Why not take it one step further with a nutrition tie-up?
(食べ物と結び付けることで、さらに発展させてみてはどうでしょう?)

further, という単語は日常的にかなり出てくる。

You need to go further. (あなたはもっと進む<踏み込む>必要がある)

など。

なのでtake (it) one step furtherというのは特別なイディオムではなく、そのままの意味でしかないのだが、これも自分では使わないような気がする。

むしろ、同じような下りでは

We could go further with a nutrition tie-up?

となら言いそうな気がする。

why not(これだけなら、何かに誘われた時に、もちろんいいですよという意味で言うが)もあまり使えてないので、こういう時にさらっと上のような言い方ができるようになりたいと思う。

NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

杉田敏
1,210円(01/19 05:49時点)
発売日: 2014/08/28
Amazonの情報を掲載しています

コメント