身に付けたい英語19:[no matter what],[stay one step ahead]

このカテゴリー「身に付けたい英単語/フレーズ」では、英国でMBAを修了した筆者が、日々「これはまだ自分に身についていないな…」と思った英単語や熟語、フレーズ、表現などを忘備録的に書き留めていく。

自分にとって新出のもの、というよりは

読んだり、人が言っているのを聴いて意味はわかるが、自分の中に落とし込めていないもの

を積極的に書いていきたいと思う。つまり、まだ自分の口から自然に出てきてないものである。

MBAホルダーとして続ける英語学習:上級こそ杉田敏先生のビジネス英語は最強
荷物を整理していたら「NHKラジオ やさしいビジネス英語」の97年12月号〜98年3月号テキストが出てきた。当時は「こんな表現までキリがない」と感じていたが、一応上級者と名乗れるようになった今、ネイティブと本当に対等に話せるようになるためには必要だと思えるものばかり。今やっている勉強法を紹介したい。

今回も昔のNHKラジオ、ビジネス英会話1998年1月号を音読していて、

これ、普通によく聴くし、自分も以前英語を喋る日々だった時は時々口にしてたけど、今パッと使いこなせないかもなあ、と思った2つの表現を取り上げる

スポンサーリンク

no matter what : たとえ何が起ころうとも

これは、ある程度の英語レベルに達した人なら、聴いた時に「?」となることはないのではないかと思う。

 

ビニュエットの中では

They need to stick to tight schedules no matter what.
(彼らは何があろうと、タイトスケジュールを守り通さなければならない)

とある。

こんな風に、文末に”no matter what”をつけるだけで「どんなことがあっても」「何があろうと」という意味になるので、

“I really need to…”とか言うよりも、”I need to…..no matter what”と言う方がこなれ感が出る。

 

ちなみにこう言う風に文末につけるだけではなく、”whatever”と同じような使い方もできる。

I will go with you no matter what my wife says =I will go with you whatever my wife says.
(妻が何と言おうと君と一緒に行くよ)

みたいな。(例文に深い意味はない…)

 

ちなみに”no matter”に続くのは”how”とか”where”とかもある。

No matter how much you protect your children, they will still make mistakes.
(どんなに自分の子供を守っても、彼らは間違いを犯す)

No matter where I am, I’m always thinking of you.
(たとえどこにいようとも、いつもあなたのことを思うよ)

敢えて使うように意識していれば、むしろ口癖にもなってきて少し大袈裟に聴こえるかもしれないが、何にせよ便利なフレーズである。

stay one step ahead : 常に一歩先を行く、(他を)出し抜く

NHKラジオ、ビジネス英会話98年1月号で、同じビニュエットの中に出てくる表現なのだが、このフレーズで気になったのは”stay”という動詞。

自分はおそらく今まで”go”を使いがちだったと思う。

おそらくgoでも通じていたと思うのだけど、改めて調べてみると、

be/keep/stayの方が適切なのかなという気がしている

3つとも、「〜の状態である」とか「保つ」みたいな意味なのだけれど、他人より一歩先んじているということに関して、なんとなく日本語の「一歩先を行く」という発想に引きずられて”go”を使ってきたし、それを指摘されたこともないのだけど(ちなみに英語教師との英語レッスンでない限り、普通のネイティブなどがこちらの間違いを指摘することは殆どない)、英語的には「一歩先んじている状態である」という発想なのかなと思った。

ビニュエットでは、

You have to stay one step ahead when you’re traveling on business.
(出張中は常に一歩先を行くことです)
とある。
頻繁に飛行機に乗るビジネスマンはフライトの遅延やキャンセルに対応する余裕がないので、ほぼ同じ時刻のフライトを複数予約しておく(結果乗る以外は捨てる)みたいな、本来ダメなやり方をする人もたくさんいるが、余裕がないので、狡猾に立ち回らざるを得ないと言う話をしているところ。
keepやbeを使っている例文を探すと
こちらではまず定義として
be/keep/stay one step ahead (of somebody)
a) to be better prepared for something or know more about something than someone else
(何かに対して他の人よりより準備していたり、より知識があること)
b) to manage not to be caught by someone who is trying to find or catch you
(自分に追いつこうとしている人に何とか追いつかれないようにすること)

とあり、

beの例文としては、

A good teacher is always at least one step ahead of his students.
(良い教師とは常に生徒たちよりも少なくとも一歩先を行っている)
keeoの例文としては
We don’t want to sell him but we have to keep one step ahead..
(我々は彼を売りたくはない、しかし我々は他を出し抜かなければならない)

 

NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

杉田敏
1,210円(06/22 23:06時点)
発売日: 2014/08/28
Amazonの情報を掲載しています
エイゴックス

コメント