~TOEIC700一覧

NO IMAGE

MBAホルダーが語る昔話(2)英語学習が続かなくて悩んでいる人へ。自分も最初はそうでした。

英語が一定のレベルに達すれば、欲求レベルで英語に触れるようになるから工夫しなくても英語の勉強は続けられるようになるのだが、そのレベルになるまでは「勉強」なので凡人の精神力では継続に工夫が必要になる。今回は、普通に多忙なサラリーマンだった自分がいかにしてTOEIC400点台から600点台後半という時期を乗り切ったか、その工夫をお伝えしたい。

NO IMAGE

MBAホルダーが語る昔話(1)アメリカ人と会話もして普通より英語できるつもりがTOEIC400点台だった話

今の自分はMBAも卒業して何年か経ち、英語は第一外国語というより第二言語としてすっかり馴染んでいる。自然に英語が口をついて出てくるし、英語を使うことにほとんどストレスはない。そんな自分だけど、30歳前に受けたTOEICでは500点にも達しなかった。そしてそこから700点台まで行くのに、実に1年以上かかったのを記憶している。

NO IMAGE

シャドーイングなど最初からあまりしんどい勉強法に走らなくても良い(反省)

自分がよく使っていたCNN English ExpressというCD付き冊子はかなり充実していて良い教材なのだが、自分は当時1割も使えていなかった。その理由は、自分の実力に見合わず、シャドーイングやリピーティングなどを取り入れてしまっていて、挫折してしまっていたからだ。ではどう使えば良かったか?

NO IMAGE

英語で「日常会話」をこなすには想像以上のボキャブラリーが必要

今、日常的に英語を話すようになって言えるのだけど、語彙力というのは、食事の席での気楽な会話、といったことでも非常に重要なのである。 でも、かなり英語の試験が難しいと言われる大学に必要な語彙だって、まともな大人の会話には全く足らないくらいなのである。

NO IMAGE

TOEIC500から700まで上げるのに即効性があるのは?

ある程度基礎を固めたら、TOEICはほとんど慣れである。TOEICで高スコアだから英語力があるとは言えない。TOEICの研究ばかりして慣れから高スコアを取っている人も沢山いる。あまり英語力を正確に測れるものではない。そうは言っても必要に迫られてTOEICのスコアを早く上げたい人へ。

NO IMAGE

これをやらなかったら、もしかすると一生発音は悪いままだった

この本は自分の英語力を劇的に変えた本の一つだと思っているし、これがあったからこそ、後にオンライン英会話をやるようになって講師達に「発音がいい」と褒められたり、MBAでイギリス人やカナダ人のクラスメートに「前にも英語圏にいただろう?他の日本人に比べて発音がいいから」と言われるようになったものだと思ってる。